2012年07月30日

相続にあたり、どういう場合に遺産分割協議をしなければならないのでしょうか?


 相続する財産があって、相続人が二人以上いるときには、遺産を各相続人に分割、帰属させるために遺産分割協議をしなければなりません。

 故人が、遺言書を残していて、財産を誰に相続させるか決まっていれば、分割協議は必要ありません。
 ただし、遺言書は残してあるが、すべての財産が書いていないときには、ほかの残りの財産について分割協議が必要になります。

 相続人が一人の場合には、必要ありません。
 相続したときには、相続人が複数いても、相続の放棄をして一人になったような場合も分割協議が必要なくなります。

 たとえば、遺産が土地建物と借金のような場合に、長男が借金を含めた遺産全部を相続し、借金を相続したくない他の相続人全員が家庭裁判所に相続放棄を申し立てれば、相続人は長男一人になります。

 この場合、相続放棄をした者は家庭裁判所から相続放棄申述受理証明書を出してもらいます。長男はそれを受け取り土地建物の相続登記の際に添付して名義変更をします。

 相続放棄をした者は相続債権者からの借金の請求に際しては、相続放棄申述受理証明書でもって、支払いを拒むことができます。




posted by 司法書士土地家屋調査士中村事務所 at 18:56| 遺産分割協議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。