2012年07月30日

相続人の相続分はどうなっているのでしょうか。


 被相続人の残した財産を法定相続人らが遺産分割する際にどういう割合で分けたらよいか民法に定められています。

 この基準を法定相続分といいます。

 必ず法定相続分どおりに遺産分割しなければいけないということはなく、相続人全員で合意すれば自由な割合で遺産を分けることができます。

 では、具体的な法定相続分は次のような順序と割合になります。

 配偶者以外に法定相続人がいないなら配偶者がすべて遺産を相続します。

@配偶者と子が相続人であるときは、配偶者と子の相続分は各2分の1
 子が二人なら等分するので一人ひとりが4分の1となります。子の一人が亡くなってい
 て孫二人が代襲相続するときは、孫一人につき8分の1となります。
 配偶者が亡くなっていたら、子がすべて相続します。

A配偶者と直系尊属が相続人であるときは、配偶者3分の2、直系尊属3分の1
 父母ともに存命ならば、6分の1ずつとなります。母のみ存命なら3分の1となります。
 配偶者がいない場合には、直系尊属がすべて相続します。

B配偶者と兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1
 兄弟が3人いたら、等分するので一人につき12分の1となります。兄弟の一人が亡く
 なっていて甥と姪が代襲相続する場合、甥と姪各24分の1ずつとなります。
 配偶者がいない場合には、兄弟姉妹がすべて相続します。
 

 非嫡出子(法律上の夫婦以外から生まれた子)は、父親が認知していれば相続人となりますが、法律で非嫡出子は嫡出子の相続分の2分の1とされています。
 差別規定で、法の下の平等に反するのではないかということで見直しがされることになっていますが、まだ法律の改正は行われておりません。

 たとえば、配偶者と子が3人いて、うち一人が非嫡出子のとき、配偶者2分の1(10分の5)、二人の嫡出子各5分の1(10分の2)、非嫡出子10分の1となります。







posted by 司法書士土地家屋調査士中村事務所 at 19:50| 相続の基礎、相続人・相続分の確定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。