2012年07月30日

単純承認とある条件の範囲内で承認する限定承認とは、どういうものですか?


 被相続人の残したプラスの財産もマイナスの財産も、すべての権利と義務を引き継ぐことを単純承認といいます。

 何も手続きをしなければ、そのまま単純承認したものとみなされます。財産の調査をせずに、そのまま単純承認してしまうと、負債が多いような場合は、引き継いでしまいます。
  
 そこで、遺産の内容を早く調査して把握する必要があります。

 また、相続人が相続財産の一部であっても処分した場合、相続放棄や限定承認をした後でも、隠したり、消費したり、悪意で財産目録に記載しなかったような場合には単純承認したことになるので注意が必要です。

 つぎに、限定承認というのは、債務などの消極財産を引き継ぐが、相続によって得た財産の限度においてのみ借金などを支払うという承認のしかたです。

 引き継いだ財産で借金を返済し、足りなくても自分の財産を使ってまで返済する必要はないことになっています。

 亡くなった直後には、資産のほうが多いが、相続人が知らない負債があるような場合に、限定承認の手続きをすることが多いです。


 限定承認は、相続人全員が一致してしなければなりません。相続人のうちの一人でも反対する人がいれば、限定承認の手続きはできません。

 ただし、相続人のなかで相続放棄をした人がいる場合は、その人を除く全員で限定承認することになります。

 自分のために相続が開始したことを知ったときを起算日として、3ヶ月以内に限定承認の手続きをするか相続人全員で決めなければなりません。





posted by 司法書士土地家屋調査士中村事務所 at 19:54| 相続放棄、承認、限定承認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。