2012年07月30日

限定承認の手続きは、どうなっていますか?


 被相続人の相続開始地(最後の住所地)の家庭裁判所で手続きを行います。


 限定承認の手順は、次のとおりです。

@相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内に、財産目録を作成して、
 家庭裁判所に提出し、限定承認する旨を申述します。
 ※被相続人の出生から死亡までの戸籍または除籍謄本、住民票除票の写し、
  相続人の戸籍謄本、住民票の写しなどが必要になります。
 ※相続財産の調査に時間がかかる場合は、3ヶ月間の期間の延長を請求できます。

A家庭裁判所は、必要事項を調査したうえで、相当と認めたときは受理し、
 相続財産管理人を選任します。

B5日以内に、2ヶ月以上の期間を定め、官報に公告をします。

Cわかっている債権者や受遺者に催告をします。

D債権者、受遺者に対して弁済をして清算します。

E弁済するために相続財産を売却する必要があるときは競売で現金にします。

 これらの手続きには、時間がかかり手続きも複雑になります。

 財産を清算した結果、財産が残らず、最初から相続放棄をしたほうがよかったとなるかもしれませんが、被相続人の遺産の処理を相続人の手でできるというメリットがあります。

 また、相続財産の中から借金を返済することになるために、金銭がなければ自宅も競売によって現金化されて負債の返済に使われることになります。

 自宅は相続して、借金だけをなしにしようという都合のよい手続きではありません。




posted by 司法書士土地家屋調査士中村事務所 at 20:02| 相続放棄、承認、限定承認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。