2012年07月31日

遺言書があるとないとでは相続手続きにどんな違いがあるのですか?


 遺言を残しておけば、被相続人の思い通りに財産の処分ができるということです。

 民法で定める法定相続分と違う相続分を指定することができますし、遺産の分割方法つまりどの財産を誰に取得させるか生前に決めておくことができます。

 亡くなると遺言書のとおりに執行されるので、被相続人の意思が反映されることになります。
 
 すべての財産について記載してあれば遺産分割協議をする必要がありません。

 遺言を残していないと相続人間の遺産分割協議や法定相続分により相続されることになり、被相続人の意思が反映されません。

 また、亡くなった後に相続人の間で争いが予想される場合には、遺産分割方法などを明確にしておくことにより紛争を避けることができます。

 遺言書があれば、遺産分割協議書がなくても、登記など財産の名義変更ができることになります。



区分:遺言QA


posted by 司法書士土地家屋調査士中村事務所 at 12:01| 遺言書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。