2012年07月31日

遺言書がみつかりました。どうしたらよいでしょうか?


 遺言書があると法定相続の規定よりも優先することになるので、相続が開始されたら、まず最初に遺言書があるかどうかを捜すことが重要になります。

 自宅に保管されていなくても、銀行の貸金庫などに保管されているかもしれません。

 故人の遺言書を保管していたり、死後に遺言書を見つけた場合は、封がされていたら開封しないように気をつけてください。

 自筆証書遺言や秘密証書遺言を保管している人、あるいは発見した人は、すみやかに家庭裁判所で検認手続きをする必要があります。
 封がされていたら検認の手続きの中で開封されます。
 なお、封がされていなくても検認手続きは必要になります。

 相続人に遺言の存在と内容を知らせるためと、自筆の遺言書の偽造や改ざんを防ぐために行われます。

 もし、誤って開封してしまった場合に効力はなくなるでしょうか。

 検認手続きをしないまま開封しても遺言書の効力自体には影響しませんが、勝手に開封すると5万円以下の過料(軽い行政罰)処分になることがあります。

 遺言書を家庭裁判所に提出するのを怠ったり、その検認を経ないで遺言を執行した場合にも過料処分になるので注意してください。

 また、見つかった遺言書を隠したり、内容を改ざんしたりすると、相続人の資格を失ってしまいます。

 検認の手続きをしないと、不動産の名義変更をはじめ相続手続きをすすめることができません。

 家庭裁判所による検認済という証明が遺言書にされていないと、法務局では受け付けてもらえず相続登記をすることができません。

 なお、公正証書遺言については検認の手続きは必要ありません。

 検認の手続きをしないで、すぐに不動産の名義変更などをすることができます。



posted by 司法書士土地家屋調査士中村事務所 at 12:09| 遺言書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。