2012年07月31日

遺言がある場合に、それを実現して遺産の分割をするのは誰になるのですか?

 
 遺言書に記載されている内容を実現して、財産の分割手続きを進めていく人を遺言執行者といいます。

 遺産の管理や、その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利と義務があります。

 たとえ遺言書を残していても、被相続人が亡くなった後に、相続人が遺言書の内容に従い、遺産の分割処分・名義変更、認知の手続などを進めてくれなければ困るので、遺言執行者が必要となります。

 公正証書遺言では、公証人が遺言執行者の指定と遺言執行者の権限を記載して遺言執行の時にスムーズに手続きができるように配慮してくれますが、自筆証書遺言の場合は、遺言執行者を指定しない場合が多いので、注意が必要になります。


 もし、遺言書によって遺言執行者が指定されていない場合には、二つの方法があります。

 @相続人全員で協力して執行手続きを行います。

 しかし、相続人同士で相続争いしているようですと、執行手続きができません。
 
 A利害関係人(相続人、受遺者、相続財産の債権者など)の請求により、家庭裁判所が遺言執行者を選任する方法になります。

 やはり、遺言を残す人が公平で中立な人を指定しておくのがよいでしょう。

 なお、指定された遺言執行者は、就任を承諾して執行手続きを進めることになり、就任せずに辞退することもできます。

 この遺言執行者には、遺産の中から適切な報酬(遺言書に報酬について規定があればその指定額または家庭裁判所の決定した金額)を支払うことになります。


posted by 司法書士土地家屋調査士中村事務所 at 13:05| 遺言執行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。